ページを選択

ご期待に応えて!?前回に引き続き今回もダイエットのお話です。

ダイエットに関しては、生徒さんの関心も高く、日々のピラティスのクラスでも、様々なダイエットにまつわる質問を受けます。

特に多いのは、生徒さんから訊かれるお腹の肉問題。

確かに、気になりますよね。目線を下に向けるといやでも目に入る自分のお腹。

でも、皆さん自分の目の行き届く前しか見てないけれど、

よくよく後ろを見てほしいのです。

「あ、背中に肉がついてる」

 

とか、

 

「背中のお肉は、歳だからしょうがない」

 

はたまた

 

「背中はトレーニングしてないから」

 

とか思った方は、問題はそこではないのですよ

 

問題は、腰の硬さなんです。

 

腰が硬い、つまり腰椎の長さが自分の本来の骨格より短くなってきている。(これは歳とともに、というより生活習慣が原因である場合が多いです。)

 

{1C850D57-3065-4286-A508-906DB7B233AC}

 

それを証拠に私の拙い絵をみてください。

 

肉が脊柱から斜め下に流れている

 

これが、腰硬い証拠です。

 

痩せているかたでも横にプニっとのっかるお肉

 

それは腰の硬さなのですよ。

 

 

{D16E57D1-02A1-4544-A1DA-5FA6D0551634}

 

お腹って脊柱から水平に腹横筋が輪切りについているのですが

腰が硬いと後ろで束ねられているようになる

 

つまりお腹がでる

 

つまり

後ろから見るとあの絵になる

 

ということ

 

だから腹筋頑張ってみても根本は意味ないんですよ。

腹筋死ぬほどやれば外側は硬くなるでしょう。

でもなんかイマイチ昔のような身体にはならない。

 

根本は

 

腰の骨を戻さないとだから

 

関節にかかってしまっている不要な硬さをとって(リリースして)から

 

正しいトレーニングしましょうね。

 

 

あなたの身体とこころのサポーター

山本ひとみ

セルフィーリングピラティスではご自身にあったダイエットのご相談も承っています!

☆セルフィーリングピラティスクラス予約(シンガポール)はこちらから>>

☆セルフィーリングピラティス公式HP>>

☆セルフィーリングピラティスFBページ>>

 

他の記事も見る

カロリー消費との戦い Anyway, do you think that diet is a painful thing?...
メンズピラティス 略してメンピラの効用... かちかちのメンズにこそピラティス 「ピラティスって女性のためのトレーニングで、男性である自分は...
愛情をたくさん伝えよう。 以前、セルフィーリングピラティスのクラスに通ってくださっている生徒さんから 「先生文章お上手で...